会社案内

会社案内

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は、2014年に設立50周年を迎えました。
この記念すべき50年という節目の年を迎えることができましたのも
これまでさまざまな形で私たちを支えてきてくださったお客様、
ご関係者の皆様のおかげであり、厚く御礼申し上げます。

弊社は1963年、大阪府八尾市から鋳鉄溶解設備専門メーカーとして出発いたしました。
半世紀の間、キュポラの溶解技術やシステムの進歩において新しい価値の創造に取り組んでまいりました。
コンピュータによる操炉技術の簡易化、装入材料の投入無人化、大気汚染防止策の完全達成、
廃ガス有効回収エネルギーシステムによる地球温暖化ガス大幅削減の可能性
廃熱回収プラントによる廃熱エネルギーの有効利用など
先進の技術を取り入れ、社会に貢献してまいりました。

そして、これからの50年においても、新しい価値を創造し続け、社会に貢献していきたいと考えております。
既存の枠組みや常識にとらわれず、期待を超える驚きと感動をみなさまに提供していくことで
株式会社ナニワ炉機研究所は次の成長を目指してまいります。

今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要・沿革
社名 株式会社ナニワ炉機研究所
設立 1964年12月19日
資本金 2,000万円
役員
代表取締役
村田 悦夫
専務取締役
村田 博敏
常務取締役
村田 康博
取締役技術部長
立入 勝啓
所在地 〒579-8037
大阪府東大阪市新町12番34号(アクセス地図
※登記上本社住所 大阪府八尾市上尾町5丁目1番地8
TEL・FAX TEL.072-986-2578 FAX.072-988-1079
事業所
八尾工場
大阪府八尾市上尾町5丁目1番地8
東大阪工場
大阪府東大阪市新町12番34号
水走工場
大阪府東大阪市水走5丁目8番33号
北海道恵庭支所
北海道恵庭市南島松157-1
近畿大学バイオコークス研究所内
事業内容 日本唯一の鋳鉄溶解プラントの専門メーカーとして、蓄積技術・海外技術導入・研究開発により常に技術向上を目標として設計・製作・工事・操炉までフルプラントエンジニアリングを行います。
主に鋳鉄溶解プラントでは、シャフト炉、材料投入装置、熱風発生装置、排ガス処理装置、材料計量供給装置、電気炉材料投入装置、不純物除去装置、環境集塵装置、天然ガス純酸素回転溶解装置などを製造販売いたします。
バイオエネルギー分野において、バイオコークス製造設備では、バイオマス燃料前処理装置、バイオコークス製造装置、バイオコークス専燃式温水・温風発生装置などを製造販売いたします。
従業員数 30名
・設計技術者
15名
・製造技術者
10名
・事務一般者
5名